● お腹を凹ましたいなら、今すぐ腹筋運動をやめましょう!

ちょっと衝撃的な記事タイトルにしてみました。結果論から言うと、お腹を凹ますためには腹筋運動は絶対に必要です。

ですが、その前に大切なことがあるんです。その大切なことが出来ていなければ、腹筋運動を行っても思うようにお腹は凹みません。

65f4ad90783cecc18a9949f6f534a2e3_s

では、大切なことって何なのか!?

お腹を凹ましたいと考えている方は、まず「大腰筋」を鍛えましょう!

大腰筋は背骨と股関節を繋いでいる筋肉です。背骨に付着していますので、この筋力が弱ると背骨(腰椎)や骨盤が歪みます。

背骨や骨盤が歪んだ状態で腹筋運動を一生懸命に行っても、お腹が思うように凹みません。

細かな理屈は抜きにして、お腹を凹ませるための大腰筋のエクササイズをご紹介しますね。

もも上げ足踏み

骨盤を意識して脚の付け根から大きくももを持ち上げます。1回あたり1秒くらいかけるペースでゆっくりと上げ下げします。ももが床と平行になるように1回ずつ確実に行って下さい。1日200〜300回を目標に行うと効果的です。運動初心者は50回くらいを目安にして下さい。

踏み台昇降

学生時代に体力テストで行ったことがある方が多いと思います。僕のダイエットサポートでも最後の締めくくりとして行っています。高さ20㌢ぐたいの高さの踏み台を用意し、踏み台の高さまで脚を引き上げることにより大腰筋を鍛え、台の上に体を押し上げる動作でもも前の筋肉を鍛えることが出来ます。また、腹筋や背筋、大殿筋なども同時に鍛えられます。実施時間は5分程を目安にして下さい。

大腰筋がしっかりと鍛えられてくると、腰に力が入る感じがわかると思います。そして、脇腹が引き締まる感じが出てきます。この状態になって腹筋運動をはじめると、お腹が凹みやすくなります。