● ダイエット成功のポイントは、ちりも積もれば山となるです!

Facebook個人ページに、30日スクワットチャレンジ・30日プランクチャレンジというのがアメリカで流行したみたいですよ!と紹介したら、お友達の何人かが「やってみます!」とコメントが入りました。

実践しているお友達に、たまに成果を聞くと良い感じで効果を得ているようですよ!

さて、ダイエットは成功する人もいれば、成功しない人もいます。

僕は、10代・20代・30代と各年代で体重を大幅に落とすことに成功しています。

10代の時は12kg、20代の時は8kg、30代は17kg!

って、ダイエットプランナーという仕事をしているなら、体重を大幅に落とさなくても良いようにしとけって話なんですけど(笑)

この経験が今に活きていると思って頂ければ幸いです。

2015年は、徹底して体を絞ると決意したので、1月〜6月まではストイックな生活をしていました。

7月〜9月までは、ちょっとゆるい生活をして、10月からはストイック度を徐々に増しています。ちなみに、今の食生活は1日1食とプロテインを1日3〜5杯です。

と僕の話はどうでも良いですね(笑)

ダイエットに成功する人と成功しない人って、何が違うと思いますか?

一番は、生活習慣を変えることが出来るか出来ないかです。

例えば、アナタの体重が60kgだったとします。それを50kgにしようと思ったら、体重50kgの生活習慣を身につける必要性があります。

ダイエットに成功しない人って、60kgの生活習慣で50kgになろうとしています。

体重50kgの食事・運動が出来れば、確実にダイエットに成功します。でも、生活習慣を変えるって簡単ではありません。

ライザップをはじめとした短期成果型ダイエットの流行により、2〜3ヶ月で体重を落としたいと思う方が増えてきました。それ自体は悪いことではありません。

僕のお客様でも、短期成果を望む方が多いです。3ヶ月で体脂肪率を20%から10%に落とした男性も入れば、4ヶ月で10kg落とした女性もいます。

このお二人に共通していることは、目標の体重・体脂肪率の生活習慣を作り上げたことです。

一般の方が、短期的にここまで落とす失敗と成功の繰り返しながらでした。ちょっと厳しいことを言ったこともあります(笑)

ここまで読んでくださってくれたアナタ!ダイエットを成功させるためには、やっぱりストイックなことをしないとダメかなと思いました?

けっしてそんなことはないんですよ。

短期で成果を求めたらストイックになる必要性が出てくることもありますが、半年・1年くらいの期間で行う場合はストイックになる必要性はありません。

ポイントは!チリも積もれば山となるです。

ダイエット方法は色々とあります。それをいっぺんにおこなうのではなく、1つ出来るようになったら1つ増やす。

これを継続しておこなっていくと、いつの間にか理想の生活習慣になっています。僕は、お客様にいきなり多くの課題を出しませn。

1〜2個から、徐々に増やしていきます。最初は、みなさんモチベーションが高いので、本当にそれで良いのって顔をしますが!

良いんですそれで!